岐阜市にあるゆうあい歯科医院の矯正歯科

〈受付〉9:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00
〈休診〉土曜午後・木・日・祝

矯正歯科ORTHODONTIC

矯正歯科

歯並びが悪いと色々な悪影響があります

歯並びが悪いと色々な悪影響があります

矯正歯科治療とは歯並びを綺麗に整え、むし歯の予防や発音の改善など健康と美しさを増進させる治療です。
歯並びが悪いと歯磨きの際、歯ブラシがきちんと届いていなかったりとむし歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。また、頭痛や肩こりなど顎関節症の原因となってしまうこともあり、見た目だけの問題ではなく健康面にも非常に影響します。一般的には、子どもの頃から治療を開始した方が良いと言われていますが、成人の方でももちろん治療が可能です。

歯並びが悪いことによって起こる症状
  • 歯磨きがしっかりと出来ずむし歯になりやすい
  • 食べ物をうまく噛み切れず飲み込むことが難しい
  • 噛む力が均等に伝わらず、歯周病になりやすい
  • 頭痛になりやすい
  • 顎に負担がかかり、顎関節症になりやすい
  • 肩こりが起こりやすい
  • 片方だけで噛んでしまうと、顔がゆがみやすい
  • 言葉の発音がしづらい

当院の矯正治療は専門の先生が担当しています

成人矯正

大人になってから
矯正治療をする方も増えています
  • 「実は歯並びを気にしていたけど、治療を受けるタイミングが無かった」
  • 「接客業をはじめ歯並びが気になり始めた」
  • 「友人が矯正を行っていて自分もしてみたくなった」
  • 「子供の治療で説明を受けているときに、矯正治療の事を初めて知り、自分も治療可能なら治療したい」

矯正治療は子どもが行う治療である認識が多かったと思いますが、当院には、成人の患者さんも多くいらっしゃいます。
また、装置では通常のメタルブラケットに加え、半透明のセラミックブラケットのような審美的に考慮された装置もあり、患者さん個人の要望に応じた矯正治療をお選びいただくことが可能です。どこを治したいのか、費用面、治療期間などのニーズに合わせた矯正装置をお選びいただけますのでお気軽にご相談ください。


矯正装置の種類

メタルブラケット
メタルブラケット

最もポピュラーな矯正装置で金属を使用しているため耐久性に優れており、かつリーズナブルな矯正装置です。
ただし、金属アレルギーの方はご利用できません。また金属なので目立ってしまうというデメリットがあります。

メリット
  • 歯が動きやすい
  • 耐久性に優れる
  • 矯正装置の中で比較的リーズナブル
デメリット
  • 装置が目立つ
  • 歯磨きが困難
  • 取り外し不可
クリアブラケット
クリアブラケット

装置が半透明をしており、審美的に目立ちにくいのが特徴です。セラミックを使用しているため、金属アレルギーの不安もありません。

メリット
  • 審美的に優れ、目立ちにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • メタルブラケットより費用が高い
  • メタルブラケットに比べ強度が劣る
  • 歯磨きが困難
  • 取り外し不可
マウスピース矯正(インビザライン)
マウスピース矯正
(インビザライン)

近年注目されている取り外し可能なマウスピース型の矯正装置で2週間ごとに新しいものに交換し徐々に歯を動かしていきます。
「取り外し可能」「目立たない」というメリットからマウスピース矯正を希望される方が増えてきています。

メリット
  • 薄く透明なため目立たない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • お手入れがしやすい
  • 食事や歯磨きも普段通り行える
  • 口腔内を傷つけない
  • 違和感が少ない
デメリット
  • 全ての患者さんができるわけではない
  • 1日20時間着用しなければならない
  • 治療中のむし歯治療が難しい
  • 費用が高い

小児矯正

当院では色々な症状に対応した
治療を行っています
  • 子供の矯正は顎の骨がまだ柔らかく、これから成長していくからこそできる治療です
  • 子供のうちから行うことで大人になってから歯を抜かないで歯並びを整えることが出来ます
  • 症状によっては永久歯に生えそろってから治療をした方が良いケースもありますので1度ご相談ください
お子さんの歯並びが
当てはまっていませんか?
  • 上顎前突
    上顎前突
    前歯が出ている
  • 下顎前突
    下顎前突
    下顎が出ている
  • すきっ歯
    すきっ歯
    歯の間に隙間が
    ある
  • 叢生
    叢生
    歯並びが
    ガタガタ
  • 開咬
    開咬
    口を閉じれない
  • 交叉咬合
    交叉咬合
    かみ合わせが
    反対


矯正装置の種類

床矯正(骨格の成長を利用した装置)
床矯正(骨格の成長を利用した装置)

主に幼稚園や小学校からの矯正治療で、自由に取り外しが可能です。特に乳歯から永久歯に生えかわる混合歯列期の時に使用したり、顎の骨格が形成される前に使用します。
子供の矯正治療の場合は通常の矯正とは違い、成長度合いに合わせてその都度患者さんに最適な装置を使用していきます。

メリット
  • 取り外し可能なので食事や歯磨きが容易
  • むし歯になりにくい
  • 装置の心配なくなんでも食べれる
デメリット
  • 子供でも取り外せる
  • 外したままにしていると元に戻る
  • 歯ぎしりなどで壊れやすい

※装置によりメリットやデメリットは異なります。

ムーシールド(マウスピース型の矯正装置)
ムーシールド(マウスピース型の矯正装置)

子供の受け口を治療するためのマウスピース型矯正装置です。子供が舌で歯を押したり、舌の位置によって受け口が起こることがあります。この装置で舌が正しい位置に置かれ、歯に力が加わらなくなり徐々に改善してきます。
受け口は放っておくと年齢と共に顎が成長し、手術となる可能性がありますので早めにご相談ください。

メリット
  • 通常の矯正治療より比較的短期間で治療が終われる
  • 主に寝るときに装着のためお子さんの負担が少ない
  • 3歳~4歳のお子さんから治療が受けられる(受け口の場合)
デメリット
  • 永久歯が生えていないお子さんに限られる
  • 永久歯が生えていなくても状態によって治療ができない場合がある

自身やお子さんの歯並び、咬み合わせで気になる方は、お気軽にご相談ください。