岐阜市にあるゆうあい歯科医院の小児歯科

〈受付〉9:00 - 13:00 / 14:00 - 19:00
〈休診〉土曜午後・木・日・祝

小児歯科PEDIATRIC

小児歯科

「怖くない」「痛くない」を心がけた診療

「怖くない」「痛くない」を心がけた診療

当院では、お子さんのむし歯治療はもちろんのこと、ブラッシング指導、フッ素塗布、シーラントといったむし歯予防を重視しております。
むし歯治療は、除痛療法を行っており、「怖くなく・痛くなく」お子さんが歯医者を嫌いにならないように、そして自分の歯を大切にしたいと思えるように心がけて治療を行っております。

除痛療法とは
除痛療法とは

歯を抜いたり、歯を削る等の時に患者さんの肉体的な負担を減らすため、麻酔を使用し、痛みを少なくする処置のことです。できるだけ痛みを感じない様に除痛療法を行っていますが、痛みを感じない様にするには、麻酔が必要となってきます。しかし当院では麻酔時の痛みを減らすために表面麻酔使用したり等工夫をしております。

予防方法

ブラッシング指導
ブラッシング指導

自分のやり方で歯磨きをしていると磨けていない部分がでてきたりとむし歯になりやすくなってしまいます。
正しい歯ブラシの持ち方や、正しい歯磨きの仕方でむし歯を予防していきます。なぜ歯磨きをしないといけないのかを話すことで、毎日の歯磨きの習慣に繋がっていきます。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することにより、むし歯菌の酸で溶けにくく、むし歯になりにくい歯にします。
特にお子さんの生えたばかりの歯の表面は柔らかく、むし歯になりやすいので、お子さんのむし歯予防にお勧めしております。また、フッ素をイオンの力で強制的に歯に取り込ませるイオン導入治療も行っております。

シーラント
シーラント

奥歯の溝は深く複雑な形をしており、シーラントでこの溝をあらかじめふさぐことで、むし歯予防を行います。
シーラントにはフッ素が含まれているので、溝がふさがっている期間は、持続的にフッ素が歯に吸収され、歯を強くする事ができます。

お子さんの歯並びや矯正についてはこちら

矯正歯科 orthodontics